SANBI INDIGO WORKS - 三備インディゴワークス|ハイブリッド型無人展示会(オンライン商談会)

オンライン商談会 ボタン

今こそ試される、INDIGOの進化。

新しい流行を発信し続けるファッションの世界において、「品質」、「技術」、「アイデア」で、常に進化を続けながら、 繊維産地の伝統と技術を継承する、若いクラフトマンたちがいます。
そんな彼らの想いは、青く、深い、INDIGO BLUEの中で輝いています。
デニムの産地、福山・井原・倉敷エリアの28ブランドが連携し、ハイブリッド型無人展示会という新しい商談のカタチに挑戦します。青き魂の誇りを、デニムの一大産地よりお届けします。
SANBI-AREA KURASHIKI/IBARA/FUKUYAMA 倉敷/井原/福山

三備エリア SANBI AREA

日本有数のデニムの産地

日本有数の繊維産地として知られる三備地域、
備前・備中・備後は、いずれも江戸時代中期の綿栽培を起源とします。
備前は、倉敷市児島を中心に、真田紐から足袋の生産へと発展し、
現在の学生服・ジーンズ・ユニフォームの産地へ。
備中(現在の井原市)は、藍染綿織物から、デニム生地の産地へ。
備後(現在の福山市)は、備後絣(着物など)の技術を活かし、デニム生地の産地へ。

三備地域は、各々の風土と伝統技術を生かしながら、
時代の変化に即応することで発展してきました。
先人たちが培ったものづくりの技能は今に受け継がれ、織物から染色、アパレルまで、
多彩な繊維製品を一貫して生産できる一大産地を形成しています。

ハイブリッド型無人展示会

三備 SANBI INDIGO WORKS ロゴ